医学生・研修医の皆様へ

stitle_info1

子どもは、「成長・発達」という大人にはない特性を持っており、行う医療も特殊性が高くかつ子どもの将来を大きく左右します。みなさんにとって、自分の存在価値を感じ、我を忘れて打ち込める仕事になり得ると信じています。

当医局では、愛知県だけではなく、岐阜県、三重県、静岡県に持つさまざまな規模の関連施設と協力して臨床医としてのトレーニングを行って頂くことが可能です。大学院で研究を行い海外のジャーナルを通じて世界に向かって新しい知見を発信している医師も数多くおります。さらに、そういった経験を積んだ後、海外留学という道もあります。

stitle_info3

医局は大学病院内だけでなく、関連病院も含めた大きなグループです。複数の施設で研修をすることで、偏りのない小児科診療が学べます。
名市大小児科での卒後研修、後期研修、関連施設、大学院入学のことなど、興味がある医学生・研修医の先生は、何でも気楽にご相談ください。

➤名古屋市立大学小児科と関連病院による魅力ある研修体制

 卒後研修はこちら(初期研修・後期研修・その後)

➤医局では小児科専門医取得のための論文執筆もサポート

 →2019~2020年の若手による論文実績はこちら

➤専門医研修施設認定

サブスペシャリティ習得は、多くの場合、学会が認める研修施設での研修が必要です。
→小児科医が専門医を取得する際に関係する施設認定はこちら

stitle_info4

名古屋市立大学大学院医学研究科 新生児・小児医学分野

医局長 戸川貴夫
TEL:052-853-8246
FAX:052-842-3449
ご連絡はこちらからお願いします。

[記事公開日]2014/05/20
[最終更新日]2020/08/02