新生児・小児医学分野へようこそ

 

bg_img_welcome

 名古屋市立大学大学院医学研究科新生児・小児医学分野へようこそ。

 名古屋市立大学小児科は名古屋市を中心として、東海地区における小児医療の中核としての役割を果たしています。初代教授の小川次郎先生は日本における新生児医療の父として知られ、ここ名古屋市立大学において黎明期の新生児医療の礎を築きました。新生児医療は名古屋市立大学小児科の伝統として、今日でも力強く引き継がれています。そのため、関連病院の多くは新生児医療が強く、地域の中核のNICUを有しています。新生児を含めた小児医療をバランスよく学ぶことのできる環境が私たちの自慢です。

 新生児以外にも神経・筋、内分泌、循環器、血液・腫瘍、肝臓、アレルギーや心理・発達疾患に対して専門性の高い医療を担っています。しかし、それぞれの専門性を超えて、小児の総合医として新生児から小児の医療を協力して行うことが、名古屋市立大学小児科の伝統です。ですから、名古屋市立大学小児科で学んだ仲間は、どこででも優れた臨床医として貢献することができるのです。

 2021年4月から西部医療センター、東部医療センターが名古屋市立大学附属病院となり、3病院が連携することで、小児医療のレベルアップが行われました。西部医療センターは新生児医療、名古屋市唯一の陽子線治療施設を擁する小児がん治療を担っています。また、東部医療センターは救急医療を中心とする急性期医療に加えて、高次ウイルス感染症センターを設置し、名古屋市における新型コロナウイルス感染症対策の中心としての役割を果たしています。さらに、小児腎疾患、感染免疫や小児救急医療などを高いレベルで実施しているあいち小児医療保健総合センターと連携することで、小児医療の全ての分野の診療を行うことができます。

 一方、日進月歩の小児医療のレベルを維持するには、伝統だけでは十分でありません。優れた研究と教育のシステムが必要です。私たちは基礎医学の教室との風通しのよい関係を基盤とし、世界中の様々な研究者と共同研究を行い、世界に発信を行っています。
伝統に立脚し、未来の小児医療に貢献するために、名古屋市立大学小児科は前進を続けます。

[記事公開日]2014/05/15
[最終更新日]2022/08/24