新生児・小児医学分野へようこそ

 

bg_img_welcome

名古屋市立大学大学院医学研究科新生児・小児医学分野へようこそ。
名古屋市立大学小児科は名古屋市を中心として、東海地区における小児医療の中核としての役割を果たしています。初代教授の小川次郎先生は日本における新生児医療の父として知られ、ここ名古屋市立大学において黎明期の新生児医療の礎を築きました。新生児医療は名古屋市立大学小児科の伝統として、今日でも力強く引き継がれています。そのため、関連病院の多くは新生児医療が強く、地域の中核のNICUを有しています。新生児を含めた小児医療をバランスよく学ぶことのできる環境が私たちの自慢です。
名古屋市立大学病院は小児科以外の診療科もおしなべて小児医療に強いことが大きな特徴です。先天性心疾患の手術に代表される小児の外科治療においても、地域のセンターとして機能しています。さらに、胎児期から診断を行って、切れ目なく内科的外科的な治療を行い、成人に至るまで管理を行うことが当たり前にできます。このような小児に強い病院は先達たちの努力の賜物であると感謝しています。こうした特徴は学部教育や研修医教育に掛け替えのない環境を提供しています。
新生児以外にも神経・筋、内分泌、循環器、血液・腫瘍、肝臓、アレルギーや心理・発達疾患に対して専門性の高い医療を担っています。しかし、それぞれの専門性を超えて、新生児から小児の医療を協力して行うことが、名古屋市立大学小児科の伝統です。ですから、名古屋市立大学小児科で学んだ仲間は、どこででも優れた臨床医として貢献することができるのです。
一方、日進月歩の小児医療を高いレベルで行うためには、伝統だけでは十分でありません。優れた研究と教育のシステムが求められています。私たちは基礎医学の教室との風通しのよい関係を基盤として、臨床研究から基礎研究まで、様々な形で研究に取り組んでいます。
伝統に立脚しつつも、未来の小児医療を追求する。そして、地域の期待に応えることができるように、名古屋市立大学小児科は前進を続けます。

[記事公開日]2014/05/15
[最終更新日]2016/02/02