筋ジストロフィー患者さんの災害対策

【ごあいさつ】

名古屋市立大学病院小児科の服部文子と申します。小児科の中で神経と筋疾患を専門としています。日頃の診療の中、東日本大震災直後に「災害対策ってどうすればよいですか?」「災害時に病院は助けてくれますか?」という不安を口にされている患者さんがいらっしゃいました。小児科外来看護師と外来患者さんの災害時対策に関して活動していた矢先、精神・神経医療研究開発費「筋ジストロフィーのエビデンス創出を目的とした臨床研究と体制整備班」の仕事として、筋ジストロフィー患者さんの災害対策について調査する機会を得ました。世の中にはすでに災害対策の立派なパンフレットはいろいろ存在しています。パンフレットを作るのであればニーズに合ったものを作成したいところです。そこで日本筋ジストロフィー協会にご協力いただき、2014~2015年に全国アンケート調査をおこない800名を超える回答をいただきました。

計画停電のあった地区は準備をしている人が比較的多かった一方で、「何を準備すればよいのかわからない」「準備する機会がない」という声が多くありました。被災された方からは、役に立ったものや困った事例を教えていただけました。アンケート調査結果を受け、災害対策パンフレットを作成しました。コンパクトにして、なおかつ要点をおさえたパンフレット作りに努めました。その結果、チェックリストに説明書を添付する形式のパンフレットができあがりました。今年3月から、名古屋市立大学新生児・小児医学分野教室ホームページ(http://ncu-ped.com/)からダウンロードできるよう準備しています。皆様にも一度見ていただき使っていただけると幸いです。

2017年3月吉日

 

【使い方】

1) 両面印刷する。

設定:用紙サイズA4、短辺を閉じる

2) チェックリストは三つ折、手引きは二つ折りにする。

災害時チェックリスト(PDF)

手引きQ&A20161222(PDF)

カテゴリー: 神経 パーマリンク