腎臓グループ

1. メンバー(2021年4月現在)

上村治(一宮医療療育センター センター長)、後藤芳充(名古屋第二赤十字病院 小児腎臓科部長)、牛嶌克実(市立四日市病院 小児科副部長)、志水麻実子(志水こどもクリニック)、藤田直也(あいち小児保健医療総合センター 副センター長)、永井琢人(多治見市民病院 小児科部長)、笠原克明(名古屋第二赤十字病院 小児腎臓科副部長)、小出若登(市立四日市病院 小児科副部長)、山田拓司(名古屋市立大学医学部付属西部医療センター 第二小児科副部長)、岩田直之(いわたこどもクリニック)、山川聡(やまかわこどもクリニック)、後藤智紀(市立四日市病院 小児科副部長)、中野優(名古屋市立大学 臨床研究医)、田中一樹(あいち小児保健医療総合センター 腎臓科医長)、真島久和(名古屋第二赤十字病院)、山口玲子(あいち小児保健医療総合センター 総合診療科医長)、笠置俊希(あいち小児保健医療総合センター)、服部俊彦(あいち小児保健医療総合センター)、渡邊千裕(豊橋市民病院)(卒年順)

2. 臨床・教育

腎臓グループの関連施設は現在、あいち小児保健医療総合センター、一宮医療療育センター、いわたこどもクリニック、市立四日市病院、多治見市民病院、豊橋市民病院、名古屋市立大学病院、名古屋市立大学医学部付属西部医療センター、名古屋第二赤十字病院、やまかわこどもクリニック(五十音順)の10施設から構成されています。

腎臓グループでは小児の腎疾患のcommon diseaseであるネフローゼ症候群、急性・慢性糸球体腎炎、尿路感染症に始まり、複雑な先天性腎尿路疾患、急性腎不全や慢性腎不全など高度で集約的な医療を要する疾患まで、幅広い腎尿路疾患を対象として診療・研究を行っています。それらのなかでも特に生涯にわたって診療の継続を必要とする小児の慢性腎臓病(CKD)に対して包括的なアプローチすることを我々は得意としています。

腎臓グループの関連施設は、日本小児腎臓病学会内の小児CKD対策委員会の主要な研究施設として日本をリードしてCKDに関する各種研究や調査を行っています。現在までに、小児の血清クレアチニンの正常値、更にイヌリンクリアランスを用いた正確な糸球体濾過量の測定をし、本邦小児の血清クレアチニンを用いた推算式を作成しており、これらは現在本邦の小児腎疾患の診療で必要不可欠なものとして汎用されるようになっています。

一方でcommon diseaseに対しても根拠に基づいた的確かつ丁寧な診療を行うことも我々は重視しています。名古屋市立大学小児科に関連する医師が中心で構成されている腎臓グループ、”NCKiDs”は20年以上の歴史があり、各腎疾患の治療プロトコルを作成してきました。NCKiDs はNagoya City university, Kidney Disease, kidsの略で、現在(2021年4月)、愛知医科大学病院、あいち小児保健医療総合センター、一宮医療療育センター、いわたこどもクリニック、岐阜県総合医療センター、市立四日市病院、聖隷浜松病院、多治見市民病院、豊橋市民病院、名古屋市立大学病院、名古屋市立大学医学部付属西部医療センター、名古屋第二赤十字病院、やまかわこどもクリニック(五十音順)の13施設が参加しています。これらの治療プロトコルは我々のグループの治療成果と新しく発表された論文などを元に作成していますが、医療の進歩や新たなエビデンスの蓄積に合わせて適宜updateしていく必要があることから、定期的にグループで会議「PMP」(Protocol Making Project)を開催し、日々議論を重ねています。これらの治療プロトコルは、名古屋第二赤十字病院のホームページ(URL: https://www.nagoya2.jrc.or.jp/kidney-center/syounikannzouka/)に掲載されています。私達の成果をご覧いただき、ぜひ活用してください。

臨床面では、名古屋市立大学小児科の腎臓グループでは時代に先駆けて、小児慢性腎疾患患児に不要な運動制限をしない方針を打ち出すなど、腎疾患患児の小児期だけでなく成人期を含めた長期的なQOLを常に意識した診療を行っています。小児の腎疾患の発見のきかっけとなる学校検尿から腎移植後の管理までトータルに診療を行うことが今までの我々の特徴でしたが、これからは周産期部門や泌尿器外科、集中治療科などの他部門に加え、さらにコメディカルや地域医療とも連携して、出生前から成人移行期まで、こどもの人生のすべてのステージを途切れることなくサポートする診療体制を構築していくことも新たな目標の一つです。

NCKiDsではプロトコルの作成だけでなく、腎疾患や治療を理解し興味を持っていただくために講師を招くなどして年2回の談話会『小児腎疾患談話会(PMP+)』を開催しています。NCKiDsは決して閉ざされた会ではありません。PMP会議への参加も大歓迎ですので関心のある先生のご参加をお待ちしております。詳しい開催の案内は「医局だより」をご参照ください。

下記のページでNCKiDsプロトコールを紹介しています。

https://www.nagoya2.jrc.or.jp/kidney-center/syounikannzouka/

3. 研究

・紫斑病性腎炎(Henoch-Schönlein purpura nephritis :HSPN)における経時的腎病理変化の検討(笠原克明)

・溶連菌感染後急性糸球体腎炎の乏尿の病態についての研究(真島久和)

・ネフローゼ症候群治療におけるステロイド国際投与法と長期漸減法の違いによる初回再発に関する比較検討(真島久和)

・上部尿路感染症における原因菌および、その感受性に関する検討(NCKiDs)

・膜性腎症の長期予後に関する検討(NCKiDs)

・C3腎症の臨床的経過に関する検討(NCKiDs)

・愛知県小児腎臓病専門施設における、学校検尿有所見者の横断的および縦断的追跡調査(後藤芳充)

・一宮市における学校検尿事業の実態調査研究(岩田直之)

・日本人小児における聴診法による血圧基準値(藤田直也)

・メタゲノム解析による移植後簡易診断の開発に関する研究:(愛知医科大学 社会人大学院 腎移植外科)(田中一樹)

4. 獲得研究費 (2021年4月時点)

中野優

ろ紙血を用いた新生児腎不全スクリーニング(文部科学省科学研究費 2019年度 若手研究 19K17371)

上村治

令和3年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)

「小児腎領域の希少・難治性疾患群の診療・研究体制の発展」(20FC1028)研究分担者

後藤芳充

愛知県小児腎臓病専門施設における、学校検尿有所見者の横断的および縦断的追跡調査(腎臓財団委託費)

岩田直之

公益財団法人愛知腎臓財団

「一宮市における学校検尿事業の実態調査研究」

5. 近年の研究業績

  1. Majima H, Kasahara K, Gotoh Y. Rituximab-induced serum sickness with idiopathic nephrotic syndrome in a child. Pediatr Inter. (in press)
  2. Uemura O , Ishikura K , Kaneko T , Hirano D , Hamasaki Y , Ogura M , Mikami N , Gotoh Y , Sahashi T , Fujita N , Yamamoto M , Hibino S , Nakano M , Wakano Y , Honda M. Perinatal factors contributing to chronic kidney disease in a cohort of Japanese children with very low birth weight. Pediatr Nephrol. 2021; 36: 953-960.
  3. Tanaka K, Adams B, Aris AM, Fujita N, Ogawa M, Ortiz S, et al. The long-acting C5 inhibitor, ravulizumab, is efficacious and safe in pediatric patients with atypical hemolytic uremic syndrome previously treated with eculizumab. Pediatr Nephrol. 2021; 36: 889-98.
  4. Majima H, Yoshida R, Kasahara K, et al. Percutaneous transluminal renal angioplasty with CO2 in a child. Pediatr Inter 2021; 63: 227-229.
  5. Tanaka K, Fujita N, Hibino S. Prophylactic amoxicillin for the prevention of meningococcal infection in infants with atypical hemolytic uremic syndrome under treatment with eculizumab: a report of two cases. CEN Case Rep. 2020; 9: 247-51.
  6. Gotoh Y, Shishido S, Hamasaki Y, et al On Behalf of the Pediatric Kidney Transplantation Society for Research. Kidney function of Japanese children undergoing kidney transplant with preemptive therapy for cytomegalovirus infection. Transpl Infect Dis. 2020; 22: e13271.
  7. Kasahara K, Gotoh Y, Majima H, et al. Eculizumab for pediatric dense deposit disease: A case report and literature review. Clin Nephrol 2020; 10: 96-102.
  8. Hibino S, Uemura O, Uchida H, Majima H, Yamaguchi R, Tanaka K, Kawaguchi A, Yamakawa S, Fujita N. Solute clearance and fluid removal: large-dose cyclic tidal peritoneal dialysis. Ther Apher Dial. 2019; 23: 180-186.
  9. Kasahara K, Gotoh Y, Kuroyanagi Y, Nagano C, Yamakawa S, Tanaka K, Takeda A, Uemura O. Steroid- and immunosuppressant-based protocol of Henoch-Schönlein purpura nephritis without angiotensin inhibitors in the acute phase: case series with correlation to histology. Minerva Pediatr. 2018 Nov 7. doi: 10.23736/S0026-4946.18.05324-0.
  10. Kubota W, Honda M, Okada H, Hattori M, Iwano M, Akioka Y, Ashida A, Kawasaki Y, Kiyomoto H, Sako M, Terada Y, Hirano D, Fujieda M, Fujimoto S, Masaki T, Ito S, Uemura O, Gotoh Y, Komatsu Y, Nishi S, Maru M, Narita I, Maruyama S. A consensus statement on health-care transition of patients with childhood-onset chronic kidney diseases: providing adequate medical care in adolescence and young adulthood. Clin Exp Nephrol. 2018; 22: 743-751.
  11. Yamakawa S, Nagai T, Uemura O. Down syndrome and mild kidney dysfunction. Pediatr Int. 2018; 60: 391-393.
  12. Uemura O, Iwata N, Nagai T, Yamakawa S, Hibino S, Yamamoto M, Nakano M, Tanaka K. Influence of thyroid function on glomerular filtration rate and other estimates of kidney function in two pediatric patients. CEN Case Rep. 2018; 7: 169-173.
  13. Gotoh Y, Uemura O, Ishikura K, Sakai T, Hamasaki Y, Araki Y, Hamda R, Honda M; Pediatric CKD Study Group in Japan in conjunction with the Committee of Measures for Pediatric CKD of the Japanese Society of Pediatric Nephrology. Validation of estimated glomerular filtration rate equations for Japanese children. Clin Exp Nephrol. 2018; 22: 931-937.
  14. Uemura O, Ishikura K, Gotoh Y, Honda M. Creatinine-based estimated glomerular filtration rate for children younger than 2 years. Clin Exp Nephrol. 2018; 22: 483-484.
  15. Kuroyanagi Y, Gotoh Y, Kasahara K, Nagano C, Fujita N, Yamakawa S, Yamamoto M, Takeda A, Uemura O. Effectiveness and nephrotoxicity of a 2-year medium dose of cyclosporine in pediatric patients with steroid-dependent nephrotic syndrome: determination of the need for follow-up kidney biopsy. Clin Exp Nephrol. 2018; 22: 413-419.
  16. Hibino S, Takeda A, Nishino I, Iwata N, Nakano M, Tanaka K, Yamakawa S, Nagai T, Uemura O. Severe Glomerular Endothelial Injury Associated with a Short D4Z4 Repeat on Chromosome 4q35. Intern Med. 2017; 56: 1849-1853.
  17. Uemura O, Yokoyama H, Ishikura K, Gotoh Y, Sato H, Sugiyama H, Honda M, Matsuo S. Performance in adolescents of the two Japanese serum creatinine based estimated glomerular filtration rate equations, for adults and paediatric patients: A study of the Japan Renal Biopsy Registry and Japan Kidney Disease Registry from 2007 to 2013. Nephrology. 2017; 22: 494-497.
  18. Nakano M, Uemura O, Honda M, Ito T, Nakajima Y, Saitoh S. Development of tandem mass spectrometry-based creatinine measurement using dried blood spot for newborn mass screening. Pediatr Res. 2017; 82: 237-243.
  19. Yamsaki Y, Uemura O, Nagai T, Yamakawa S, Hibi Y, Yamamoto M, Nakano M, Kasahara K, Bo Z. Pitfalls of diagnosing urinary tract infection in infants and young children. Pediatr Int. 2017; 59: 786-792.
  20. Nagai T, Uemura O, Kaneda H, Ushijima K, Ohta K, Gotoh Y, Satomura K, Shimizu M, Fujieda M, Morooka M, Yamada T, Yamada M, Wada N, Hashimoto Y. The true distribution volume and bioavailability of mizoribine in children with chronic kidney disease. Clin Exp Nephrol. 2017; 21: 884-888.
  21. Hibino S, Nagai T, Yamakawa S, Ito H, Tanaka K, Uemura O. Pharmacokinetics of mycophenolic acid in children with clinically stable idiopathic nephrotic syndrome receiving cyclosporine. Clin Exp Nephrol. 2017; 21: 152-158.
  22. Hirano D, Ishikura K, Uemura O, Ito S, Wada N, Hattori M, Ohashi Y, Hamasaki Y, Tanaka R, Nakanishi K, Kaneko T, Honda M; Pediatric CKD Study Group in Japan in conjunction with the Committee of Measures for Pediatric CKD of the Japanese Society of Pediatric Nephrology. Association between low birth weight and childhood-onset chronic kidney disease in Japan: a combined analysis of a nationwide survey for paediatric chronic kidney disease and the National Vital Statistics Report. Nephrol Dial Transplant. 2016; 31: 1895-1900.
  23. Kaneda H, Shimizu M, Ohta K, Ushijima K, Gotoh Y, Satomura K, Nagai T, Fujieda M, Morooka M, Yamada T, Yamada M, Wada N, Takaai M, Hashimoto Y, Uemura O. Population pharmacokinetics of mizoribine in pediatric patients with kidney disease. Clin Exp Nephrol. 2016; 20: 757-763.
  24. Ishikura K, Uemura O, Hamasaki Y, Nakai H, Ito S, Harada R, Hattori M, Ohashi Y, Tanaka R, Nakanishi K, Kaneko T, Iijima K, Honda M; Pediatric CKD Study Group in Japan in conjunction with the Committee of Measures for Pediatric CKD of the Japanese Society for Pediatric Nephrology. Insignificant impact of VUR on the progression of CKD in children with CAKUT. Pediatr Nephrol. 2016; 31: 105-12.
  25. Uemura O, Nagai T, Yamakawa S, Kaneko T, Hibi Y, Yamasaki Y, Yamamoto M, Nakano M, Iwata N, Hibino S. Assessment of kidney function in children by enzymatic determination of 2- or 24-h creatinine clearance: comparison with inulin clearance. Clin Exp Nephrol. 2016; 20: 462-8.
  26. Uemura O, Nagai T, Ishikura K, Ito S, Honda M. Mean and standard deviation of reference glomerular filtration rate values in Japanese children. Clin Exp Nephrol. 2016; 20: 317-8.
カテゴリー: 腎臓 パーマリンク