川崎病の急性期対応

関連病院の先生方

川崎病の急性期対応につきまして

関連病院の先生方には平素より大変お世話になり、また多くの患者様をご紹介いただき御
礼申し上げます。この度は当グループより川崎病の急性期対応についてご提案をさせてい
ただきます。
ご存知の通り、川崎病の急性期治療は近年新たな選択肢が増えその成績は向上しています
。一方で、いわゆる免疫グロブリン不応例に対してどの治療法を選択すべきかにつきまし
てはガイドラインにおいても統一された見解に乏しく、施設ごとのご経験に基づかれて治
療をして頂いているのが現状かと考えます。当院にご紹介いただく際にも治療選択やご紹
介のタイミングについて迷われることがあると伺っております。
そこで当グループより急性期治療の案をまとめさせて頂きました。名古屋第二赤十字病院
または当院にご紹介いただく際のご参考にしていただければ幸いです。これはあくまでも
案であり施設ごとに使いやすい薬剤があると思いますが、あくまでも強調させていただき
たいのは第9病日までの治療奏功を目指すこと、可能な限りステロイド投与を避けること
の2点です。
個々の症例において対応が異なると思われますのでご判断に迷われるときはこれまで通り
ご相談いただきたく存じます。
まずは大まかな方針を共有させて頂いた上で、将来的には共同研究につなげられればと考
えています。
ご意見またはご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。最後になりまし
たが今後とも宜しくお願い致します。

問い合せ先
名古屋市立大学 小児科 循環器グループ
令和3年3月1日

 
名古屋市立大学病院における川崎病の急性期対応

1 st line 免疫グロブリン療法(IVIG)(2g/㎏/回、点滴静注)

アスピリン療法(30~50mg/kg/日、経口投与)

2 nd line IVIG (2g/㎏/回)

3 rd line インフリキシマブ(IFX)(5mg/kg、点滴静注)

4 th line 血漿交換:当院もしくは名古屋第二赤十字病院に転院

 第9病日までの治療奏功を目標とするため、可能であればIVIGは効果判定の早さから5%製剤よりも10%製剤が推奨されます。

 ステロイドおよびステロイドパルスについては、IVIG・ステロイド併用例のなかに「くすぶり型」と呼ばれる微熱や軽度CRP上昇が続いてしまう症例が散見されるため原則として使用しない方針です。

 第9病日までの奏功を目指すため、血漿交換までいくかもしれないグロブリン不応例では第7、8病日の3rd line治療を行うタイミングでご相談ください。治療開始が遅れて3rd line治療の効果判定を待てずに第9病日になりそうな症例については適宜ご相談ください。

 IFX投与前にはHBs抗原、HBs抗体、HCV抗体検査を実施することが推奨されています。IVIG投与前の血液検体で行ってください。また結核感染を除外するため、ていねいな問診と画像検査をIFX投与前に実施することが推奨されています。当院ではIFX投与例は全例で胸部単純CT撮影を行っています。

 IFXが使用しにくい症例の場合、シクロスポリン(5mg/kg/日、5日間経口投与)の使用も有用と考えます。

カテゴリー: 医局からのお知らせ, 循環器 | 川崎病の急性期対応 はコメントを受け付けていません

2021年名市大小児科学術奨励賞

2021年の受賞者は下記4名の先生方でした.

・近藤 優人 先生(市立四日市病院)
De novo 2q36.3q37.1 deletion encompassing TRIP12 and NPPC yields distinct phenotypes.
Human Genome Variation, 1;7:19, 2020

・武田 理沙 先生 (名古屋市立大学)
A case of infantile acute lymphoblastic leukemia with bilateral intraocular relapse.
NAGOYA MEDICAL JOURNAL, vol.56, 221-227, 2020

・鈴木 智子 先生 (名古屋市立大学)
A Novel α-Spectrin Pathogenic Variant in Trans to α-Spectrin LELY Causing Neonatal Jaundice with Hemolytic Anemia from Hereditary Pyropoikilocytosis Coexisting with Gilbert Syndrome.
J Pediatr Hematol Oncol. 43(2):e250-e254, 2020

・岡村 淳 先生(一宮市立市民病院)
Three infants with megaloblastic anemia caused by maternal vitamin B12 deficiency.
Pediatr Int.62(7):864-865, 2020

各先生方,おめでとうございます。
次回も奮ってのご応募お待ちしています。

カテゴリー: 医局からのお知らせ | 2021年名市大小児科学術奨励賞 はコメントを受け付けていません

Zoomを使った卒後研修説明会2021 ご案内

緊急告知!
将来,小児科医の道を考えている医学生、および初期・後期研修医の皆さん
卒後研修の説明会を開催します.
Zoomを使った説明会は,ご自宅からでもご視聴可能です.
ぜひご参加下さい!
☆Zoom会議案内希望の方はこちらまで!
戸川貴夫(医局長) t.togawa@med.nagoya-cu.ac.jp

カテゴリー: 医局からのお知らせ | Zoomを使った卒後研修説明会2021 ご案内 はコメントを受け付けていません

2021年度名古屋市立大学小児科学術奨励賞公募

本年度,新生児・小児医学分野に関する優れた論文を発表した若手研究者を対象にした,当医局主催の学術奨励賞を公募します.

2021年度名市大小児科学術奨励賞公募要領をご確認の上,申請用紙と論文のコピー1部を,名古屋市立大学小児科医局まで,メールにて提出してください.

申請用紙はこちら:2021年度奨励賞申請用紙                   提出期限:2021年1月31日

多数のご応募をお待ちしております.

カテゴリー: 医局からのお知らせ, 未分類 | 2021年度名古屋市立大学小児科学術奨励賞公募 はコメントを受け付けていません

卒後の小児科研修について

医学生・初期/後期研修医の皆さんへ

名古屋市立大学小児科では、関連病院と連携し、皆さんが小児科医師として確実に成長できるプログラムを用意しております。きっと個々のニーズに合った進路が見つかるかると思います。

小児科研修についてのプログラムを更新しましたので、是非ご覧下さい。
→卒後研修について

カテゴリー: 医局からのお知らせ | タグ: | 卒後の小児科研修について はコメントを受け付けていません